前へ
次へ

不動産に抵当をつけるということ

根抵当というのは一定の範囲にある不特定の債権を限度額にまで担保してくれるという形式の抵当権になります。
根抵当を不動産などにも設定するということができるようになっています。
根抵当というのは元本の他に利息や遅延損害金全ての限度額までの担保とすることができるようになるので様々な財産的な価値があるものにつけることができるのですが分かりやすい形ではやはり回収しやすい不動産につけるということが多いです。
不動産はある意味でとてもわかりやすい価値があるものであると言えるでしょう。
そういう意味でこういう系統がつけやすいということが人気になっているのが不動産という財産と言えるでしょう。
不動産というのは持っているだけで良いというわけではなく、それを利用することができるのが大前提であるといえるでしょう。
抵当をつけることでお金を借りる事ができるわけですが、不動産の価値すべてが評価されるわけではないので注意しておきましょう。

Page Top